恋するテオブロミン

今年もこの季節がやってまいりました。

2/14は言わずと知れたバレンタインデーです。
昭和の時代は「女の子が男の子に告白する日」と言うんで盛んだったこの日のチョコレート商戦も、平成になり本命チョコは元より義理チョコ・友チョコなど様々に形を変えて「チョコレートを楽しむ日」みたいな感じになって来ました。

デパートのバレンタインフェアは平日休日問わず、たくさんの女性客でごった返し、しかもそのチョコの高級感と言ったら!
ぺろままも某デパートのフェアに行ってきましたが、ほぼ3ケタのチョコはありません。2粒4ケタもザラです。

高価なものにはそれなりの理由があるんですけどね。
天候不良によるカカオ豆の不作。そしてつくる「手間」です。

手作りチョコレート経験者ならわかると思うんですが、チョコレートって溶かして固めておわりーというものではないんです。
チョコレート・・・というかカカオには「カカオバター」と言われる油脂分が多量に含まれています。
なので、ヘタするとすぐに分離しちゃったりするんです。(マヨネーズと同じ原理ですが・・・)
しかも温度調整が微妙で、テンパリングという作業が下手だと、ザラザラとした舌触りのマズいチョコになってしまいます。
微妙な味の調整やフレーバーの入れ込みにも繊細な技が生きています。
こうした工程の難しさからパティシエ(菓子職人)の中でもチョコレートを専門に扱う「ショコラティエ」という職人がいるくらいです。

さて、みなさんはチョコレート色した「チョコレート」と「ホワイトチョコレート」って何が違うと思いますか?

実はホワイトチョコも普通のチョコも同じカカオからつくられます。
カカオの皮や胚芽を取り除き、すりつぶして固形に固めたものを「カカオマス」といいます。
その過程の中で分離して取れるのが「カカオバター」という油脂分。

あのチョコレート色のチョコは「カカオマス」と「カカオバター」と「糖分」を合わせて再度練ったものです。
ここにミルクを入れればミルクチョコになりまろやかさが出ます。逆に糖分を控えることによりビターチョコになっていきます。

さて、ホワイトチョコですが・・・。実はホワイトチョコはカカオマスを使いません。
カカオバターに糖分を入れたものがホワイトチョコなんです。ほぼ100%脂肪ですw

カカオマスには「テオブロミン」という成分が入っています。これがチョコレートの「苦み」をつかさどっている成分なのですが、これがホワイトチョコには入っていません。なので、ホワイトチョコは普通のチョコレートよりも甘く感じます。

チョコレートには色々な健康成分がたくさん入っているのですが、テオブロミンは特に動脈硬化症や高血圧、血管拡張や中枢神経刺激(やる気の向上や自律神経を整える作用)に効果があるとされています。
その他、ポリフェノール(癌予防効果、コレステロールの酸化抑止、ストレス抵抗力の向上)や食物繊維、ビタミン・ミネラル類の豊富さで健康食品としてもチョコレートは注目されているんです!

好きな人にチョコレートを送る・・・という素敵な習慣は「好きな人がずっと元気でいてくれるためのお菓子を送る」という深い意味もあるんですね。

さて、千田商店では「本命様に!!!!」というようなSPチョコはないけれど、仲間たちやお世話になった方々への「お配りチョコ」はラインナップがたくさんありますよ!

ぺろままオススメはタカオカの「ミニハートチョコシリーズ」!

ミニミニハートチョコミニミニハートチョコ(いちご)プチハートチョコ
取り揃えてお待ちしておりますよ!

peromama-icon