偏見→試行→開眼

ナタデココゼリー(10円)

実はこの業界に入るまで、あんまり駄菓子のことは知りませんでした。
昔の駄菓子商品といえば人口着色料に彩られた毒々しいもの・・・というのが多かった気がします。

特にジュースは色水みたいで、本来それで子供の心をくすぐってるのでしょうが私はどうにもダメでした。
未だに「パ〇ード」とか飲んだことがありません。(現存してるのかな?)

そこから随分時代は変わったもので、駄菓子も体に気を使ったものも多いです。
カルシウム配合!だったりビタミンCたっぷり!だったり果汁〇%!だったり天然色素だったり。

しかし、中でもちょっとパッケージング的に毒々しいかも・・・と思う商品が。

スティックゼリーです。
キレイ。やっぱり夏向き。凍らせても美味しいという噂ですが、店に来たてのころはどうしても、キレイな色すぎてなんだかなぁ・・・でした。

運べば重いし、パックがつるつるして重ねにくいし、従業員としては「もぉー! 😈 」っていう品物だったんです。
しかも、売れ行きはいいけどどこで売ってるのか・・・見たことがない。
(この「売れてる商品なのに、一般的に売ってるのを見たことがない」というのは千田商店あるあるのひとつです)

ある日、スティックゼリーに「りんごゼリー」が仲間入りすることになり、店長がサンプルをくれました。
本心、「どうなの・・・コレ・・・」でしたが、駄菓子問屋に勤めてる手前食べてみなければ!という意欲に燃えて一口ぱくり。

ん?んんん??おいしいじゃないのよ、コレ・・・・。

ぱくぱくぱくぱく・・・・もう一本チョーダイ!!!!

着色料の偏見どこへやら。うまっいぃぃぃーーーーー。

すっかりゼリーのとりこ。色いろ食べたけど、ナタデココゼリーは美味しいです。太鼓判。

子供のころからナタデココは大好きでアロエは苦手・・・というわけのわからない嗜好ですけど。

ちなみにナタデココはココナッツの中に入っている水にナタ菌という酢酸の一種をまぜ、固まったものなんだそうです。
カロリーが低くて食物繊維もたっぷりというところから、ダイエットにはもってこいの食品。
スティックゼリーのナタデココは食感のアクセントに細かく刻んだものが入っています。

このナタデココですが、こうして美味しく食べるものの他に、なんと食物繊維を取り出して有機ELのディズプレイ基盤なんかにもなっちゃうそうです!

すごいぜ。ナタデココ。
今年の夏は大人買い決定です。

peromama-icon