THIS IS HALLOWEEN

10月に入りまして段々秋も深まってきました。

この時期になると耳にするのが「ハロウィン」という単語。

ぺろままの大好きな映画の中に「THE NIGHT MARE BEFORE CHRISTMAS」なる作品があります。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

鬼才、ティム・バートン監督の世界的大ヒットを飛ばしたパペットムービーの傑作です。

タイトルには「クリスマス」ってついてるけど、ハロウィンと大きな大きなつながりがある本作。
「季節行事の国」がある世界でハロウィンタウンの王ジャックが、華やかなクリスマスタウンに憧れ、サンタになりかわる夢を果たすべく奮闘する物語です。

ゴシックホラーなビジュアルですが、なんともピュアな大人から子供まで楽しめるおはなしになっています。
おすすめですよ!

さて、昨今では日本でもハロウィンという言葉が定着してきた感じがありますが、表層的なイベントが大好きな日本人。
どれだけの人がちゃんとした「ハロウィン」の日とその意味を知っているのでしょう。

渋谷の大交差点で乱痴気騒ぎしてるコスプレイヤーに聞いてみたいものです。

ハロウィンは毎年10月31日。固定です。(多分この日付すら知らない人が多そう)
この日はヨーロッパ圏では「夏の終わりと冬の始まり」の日とされています。
そして、「この世の霊界の間にある門が開いて自由に行き来が出来る日」とされているのです。

自由に行き来出来ますから、良い霊も悪い霊も区別なくこの世に出てくることが出来ますね。
そのために「魔よけ」として様々なものが用意されます。
それがかぼちゃをくり抜いて作る「ジャック・オ・ランターン」。
*もともとは「かぶ」でしたが・・・。
そして仮装です。

ジャック・オ・ランターンには神聖なるかがり火を焚いて魔よけとする意味が。
仮装には悪魔のような格好をして人間ではないと悪魔に思わせ、災厄を逃れる意味があるんです。
(子供たちの「Trick or Treat!」でお菓子をあげるのも、悪霊に気分よく帰って(出て行って)もらうため)

このハロウィンはイギリスの古代ケルト民族が発祥で、のちにはイギリスの帝国主義による植民地政策でその地域にも波及していく形となりました。

さて、秋の収穫を祝い、悪霊を寄せ付けず、かがり火をたいて祝う・・・・・・。

これ、実は日本の「お盆」や「お彼岸」行事に似ています。
お盆になると亡き人が現世に帰ってくる。道しるべにかがり火(迎え火)を焚く・・・。
暑さ寒さも彼岸まで・・・。

宗教も人種も違うのに「亡きものがあの世から帰ってくる日がある」というのは、死を悼む人間本来の願望なのかも知れませんね。

ともあれ、子供たちとハロウィンパーティーなんかをするときは、こんな「本来の」ハロウィンの意味も教えてあげて欲しいと思います。
少なくとも・・・・大の大人がコスプレしてお酒飲んで大暴れする日ではありませんよ。

peromama-icon