キャラクター今昔表裏譚

新入荷商品ページにて、本日は引きくじシール「サンリオシールコレクション」のご紹介をしています。

今さら・・・と思いつつ新旧取り混ぜた商品構成で表紙を見るだけで楽しい感じです。

ぺろままが物心ついたころから「サンリオ」のキャラクターたちは身の回りにいました。
ハローキティなんて私よりも年上かもな・・・と思ってたら、どうも2歳年下だったようです。
キティちゃんもすっかりおばさんですねw

今回ブログを書くにあたり、サンリオキャラクターのことを調べたのですが、驚くことが多かったです。

まず、最初のキャラクターが出来たのは1973年。
サンリオ初のキャラってご存知ですか?ぺろままはすっかりキティちゃんだとばかり思っていたのですが・・・

corochan_b

初キャラはこの子!コロちゃんと言うそうです。
し、失礼ながら存じ上げませんでした!

それからサンリオはキャラクター業界を牽引するかのごとく、たくさんのヒットキャラが生むのですが・・・。
実は私たちが思うよりもずーーーーーーーーーっとたくさんの「売れなかった」キャラがいるんです!!!!
てか、サイトを見ると8割くらいの割合で知らない子がいるんです。これには驚き。

一番シュールな名前の人・・・

warauonna_c

「笑う女」・・・だそうです。
名前も雑ですが、クーピーで描いたようないたずら書きっぽいルックス。
もちろん知らない・・・。

「笑う女」っていう名前だけだと

34f8aefc680eb2a43a4620f23e5d0044_417

思わずこんな感じを想像してしまいますがね。

まぁこれだけ書いててナンなのですが、ぺろまま実はあまりサンリオキャラにはハマらなかったクチです。
どっちかと言えば海外のキャラの方を好んでいた気がします。

でもディズニー・・・ってわけじゃないんです。

親戚の年齢の離れた兄姉のおかげで大好きだったのはセサミストリートでした。
しかも兄姉はセサミを英語版で見ていたため、ぺろまま的に詳しい内容はサッパリ・・・だったのですが、それでも「なんとなく」で楽しく見ていました。

多分セサミの中でダントツ1位の人気を誇るのが「エルモ」というモンスターキャラ。
3歳くらいの設定なんだそうです。声がカン高くてとってもかわいい。ドロシーという金魚(本物)と仲良しです。

ewbooks-dorothy

セサミにはこうした細かい細かいキャラもたくさんいて、オスカー(ゴミ箱の中に住んでる緑色のモンスター)の仲良しもみみずのスライミーという小さなパペットキャラだったりします。

ミミズです。

ミミズです。

エルモの話に戻りますが、実はぺろままがこうしてセサミを見ていたころ、エルモはまだ存在しないキャラクターでした。

そうした中で一番好きだったのは、カエルのカーミットです。

bf02161e

カーミットはインタビューアーという職業を持ったキャラであり、なんとセサミストリートのパペットデザインを担当したジム・ヘンソンが初めて作ったキャラクターでもあります。

マペットの中で最も社会派であり論理派。

海外のキャラクターは「子供だけのもの」という括りではなく、大人の要素を持っていたり皮肉屋のような性格をしていたり・・と「カワイイ」だけじゃないところがいいのかも。

さて、千田商店のような業界は結構このキャラクターというものが景気を左右します。
現在での鉄板はやはりリラックマなんでしょうか。

d18631-2-765239-11

ごゆるり主義

来年の夏くらいまでにそろそろルーキーの人気キャラが出てくるのを願ってやみません。

 

peromama-icon