ドライバーズヒストリー

10月から新登場した「仮面ライダーエグゼイド」。
ゲームモチーフのライダーは子供たちに大人気で、早くも関連商品が登場しています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c  ゲーマドライバーさん

 

新しい仮面ライダーが始まるたび、一番最初に決まって登場するのが変身ベルトである「ドライバー」です。

ぺろまま世代は子育て中のお母さんや、子供たちと一緒に番組を見てるお父さんでない限り「ドライバー」というネーミングを聞いてもピンと来ないと思います。やっぱり「変身ベルト」です。

なんで名前変わっちゃったのよ、いつから「ドライバー」になったのよという疑問は自然に出てきますよね。よねっ!?

ちょっとライダーのベルトについての歴史をひも解いてみましょうか。

最初のベルトはポピーから発売された、「仮面ライダー光る!回る!変身ベルト」なるもの。

images

ご存知「コーヒー淹れるのに30分かける探検隊長」こと藤岡弘、が演じた1号のベルトです。
1971年の発売。45年前のギミックですからね。もちろん光って回るだけ。
それでも大ヒット商品となりました。

昭和のライダーは「ポーズ+ベルトについた機動力」で変身してるってイメージでした。
だから光って回るだけでも十分だったわけで・・・。

この光って回るベルトに一大変革が起きます。

kuuga

仮面ライダークウガの「ソニックウェーブDX変身ベルト」です。
光り+動き、そしてサウンドが追加されるんです。
多分ドライバーの原型と言ってもいいですね。

このベルト、2000年の発売です。
1号のベルトが発売されて29年目にしてこの状態になりました。

そして2年後。仮面ライダー龍騎で完全に現在に至るドライバーの基本形である「ベルトになにかしらのものをセットする」という形になります。

0201p

この龍騎の「変身ベルトVバックル」はカードをセットするというものでした。

そしてついに、この1年後!「仮面ライダー555(ファイズ)」にて「変身ベルト」は「ドライバー」へと変化を遂げるのです。

携帯電話をセットするよ!

携帯電話をセットするよ!

しかし・・・。この「ドライバー」というネーミングはおいそれと受け入れられなかったようです。
仮面ライダーだってこの時点で22年の歴史があります。ずーっと変身ベルトって言ってたんだもん。
そりゃいきなり「ドライバー」ったって馴染まないですよw

ここからまた「ドライバー」不遇の歴史がはじまります。そして2009年。
「仮面ライダーW」にて華々しく「ドライバー」のネーミングは復活するのです!!!!

なんで復活したのか。
それはギミックにあります。
ベルトにセットするものがUSBメモリだったのです!!!!!!!

0902p

お気づきでしょうか。
「ドライバー」とはPC用語の「ドライバー」。つまり”システムを操作させるもの”という意味です。
お助けアイテム的に使用してきたベルトがいつしか変身のシステムを司るものになっていた・・・というオチです。

これ以来「変身ベルト」と言う名前は消失し、ずーっとドライバーになっていきます。

セットするものは様々。リングだったりスイッチだったり錠前だったりミニカーだったり。
その種類もものすごくあるから、仮面ライダー自身もタイプは1つじゃありませんwww

ヒーローのかっこよさにコレクター要素取り入れたわけです。
お子さん、食いつかないわけないですw強いです。

毎年の恒例行事のようになっている仮面ライダーの新作・・・。
大人のぺろままには今時期から来年の新ライダーに向け、頭を抱える美術・意匠スタッフが目に浮かぶようです。
あれだけのギミックを創造するのは本当に大変な苦労がある気がします。

大人になるまでキレイに取っておけばお宝になるかも。
おもちゃは大事にしましょうね。

peromama-icon