12月25日の裏側

あっと言う間に12月。早いものですね。
12月は何かと行事が多い月。
特に「クリスマス」の存在感は家庭的にも経済的にもガツーンとしたものですね。

ランドマークトイズの方の御注文数も増えてきています。
人気商品は売り切れ傾向になりますので、ご準備はお早めに・・・

子供会様や企業様のイベントなどもあるようで店内もにぎやかな日があります。
企業様はイベント開催で年末商戦といったところ。子供会様は「クリスマス会」といったところでしょうか。

・・・。一般的なクリスマス会ってなんぞや??

キリスト教系の幼稚園に通っていたぺろままの「クリスマス会」の印象は必ずキリスト降誕劇をやって、クリスマス系讃美歌を合唱し、ケーキを食べるというもの。(ちなみに小学生になったらそういう行事は子供会自体になかったです)

うーむ・・・。

これぞ「クリスマス会!」と思うけど、かなり一般的ではない・・・ですよねぇ・・・。
夏祭りの延長にプレゼント交換やらケーキがついた豪華版のイベントって感じなのかなぁ????
子梨にはわかりませぬ。

さて、ハロウィンでもやりましたが、クリスマスも「行事のそもそも」を探求してみましょうか。

クリスマスって12月25日ってどんな日かご存知ですか??
大抵の大人の方は「キリストの誕生日」と答えるでしょうね。

ところが・・・・どうも違うみたいなんですよねーーーー!!!!!!

こいつはメカラウロコ。

ヨーロッパにはキリスト教が普及する前「ミトラ教」という太陽信仰の土着宗教がありました。
ミトラ教の中で12月25日は冬至の日。このお祝いにキリスト教が乗っかったというわけです。

 

 

さて、この冬至の日。もうひとつ意味があるんです。

旧約聖書の中に古代バビロニアの王の一人「ニムロド」なる人物が登場します。
彼はバベルの塔を作った人物であり「ノアの箱舟」で有名なノアの孫にあたります。
そのニムロドの誕生日こそが12月25日なのです。

mig

kiji1911

「この世で最初の権力者」と旧約聖書「創世記」にはあります。
このニムロドの執政というのがどうもむちゃくちゃで、人物像も残虐だったようです。

そして彼のもう一つの側面。それが「サタニスト」。つまり悪魔崇拝主義者であったのです。
そもそも「ニムロド」という名前は「反逆者」という意味らしいんですが。

ハッキリした誕生日などわかるわけのないイエス・キリスト。
そこに悪魔主義者がニムロドの誕生日とすり替えちゃうわけです。
世界中がニムロドの誕生日を(騙されつつ)お祝いしちゃうわけです。

サンタクロースはクリスマスの使者。
しかし、SANTAのスペルを並べ替えるとSATANになりますね。
「物欲を捨て、財産をなげうって貧困に苦しむ人を救いなさい」というキリスト教の教えとは真逆の「物欲の使者」。

そしてアメリカの商業主義・・・。

こうして現代のキリストの誕生日は見事に七つの大罪の3つ(物欲・肉欲、暴食)までをも抱え込む一国の経済まで影響を及ぼす行事になりましたとさ。

聖なるかな聖なるかな・・・・

オカルト好きには大変おもしろい発見でした。

まぁおもちゃ屋としては一つでも多くおもちゃを皆様にお届けしなくてはなりません。
指折り数えてあと23日。
重ねて・・・

ご準備の方、お早めに!!!!

peromama-icon