ようかいけむり

繁忙期も大体終了なので、ブログ再開です。
今回から「ランドマークトイズのブログを読めるのはFBだけー!」って感じになりました。諸事情でw

今年の仙台は「夏」がほとんどなく、雨降り・悪天候の中でのイベントが大多数でした。
チーム千田商店、年に2度ほどのイベント出店も例外ではなく雨でしたが、スピナーくじ・スーパーボールくじ、完売となりました。
出向いてくれたちびっこたちに感謝です。
来年は晴れてもっとハデなくじが出来ますように!

さて、今年の夏のヒットと言えば「電球ボトル」と「ハンドスピナー」です。

電球ボトルなんて、入荷→即売り切れだったので「売ってた」ってイメージがもはやありません。
お陰様でスピナーくじも大好評で作る→売れるの繰り返し・・・。量産が出来ないのでタイミングが合わずお買い上げいただけなかったお客さまもいたのでは・・・と思います。誠に申し訳ございません。
現在は幾分安定いたしましたので、ぜひ!

さて、こうした今年のヒット商品の裏でちょっとした事件がありました。

「ようかいけむり、入荷せず!!!!!」

「ようかいけむり」はご存知でしょうか?
ペーパーを指でこすってから指をこすり合わせると・・・指から煙が出る・・・。
と言う、昔からある駄菓子屋の定番小物玩具の一つです。

小物玩具の定番中の定番。
お店屋さんばかりではなく、一般のお客様までお買い求め頂いている千田商店の隠れた大ヒット商品です。

束の表紙はおどろおどろしい妖怪絵ですが、どこか手作り感のある素朴な絵。

品切れが近くなると店長が注文するのですが、「ようかいけむりが当分入荷しない」との情報が・・・。

なんでも実はこの商品とあるおばあさまが手作りで作っていて、その方が入院してしまったとのこと。

この絵のようかいけむり、全国的に結構出回ってるものだと思うのですが、まさか作ってるところが一か所でしかも作り手がおばあさまだったとは!!!!!!

おばあさまが元気で退院して、ようかいけむり作りを再開出来るよう願うばかりです。

駄菓子や小物玩具の業界はこうした後継者問題が深刻で、絶滅の危機にあるものが結構あったりします。
細々でもこうしたものを過去の遺物にしないように頑張ってくれている業者様に感謝です。